金属銘板技術

銘板は、利用する環境に応じて最適な素材をご提案させて頂きます。

また、使用素材に応じ最適な特殊加工を施し、長期間使用に耐えうる製品をご提供させて頂きます。

Etching エッチング

化学薬品などの腐食作用を利用した表面加工の技法です。

腐食剤によって不要部分を溶解浸食・食刻することで金属の表面に凸凹を付け凹んだ部分に色を入れます。耐久性があり屋外や厳しい環境で使用されています。

また、重厚な質感と高級感を醸し出すことの出来る技法です。

用途:機械銘板/管理用銘板 等

Alumite アルマイト

アルミニウム表面に陽極酸化膜を作る技法です。人工的にアルミニウム表面に被膜を作る事によって、微細な多くの穴に染料を流し込み、穴を閉じる工程(封孔処理)を経て印刷します。

アルマイト銘板は印刷精度が高く文字やデザイン等の再現性に優れています。

用途:機械銘板/管理用銘板/操作パネル/目盛板 等

Screen printing シルクスクリーン

版画の技法の一種であり、インクが通過する穴とインクが通過しないところを作ることで版画の版を製版し、印刷する技法です。

アクリルや塩ビ等の樹脂素材、ステンレスやアルミニウムといった金属素材など、あらゆる素材への印刷が可能です。

用途:警告銘板/管理用銘板/操作パネル/警告ラベル 等

Ink jet printing インクジェット印刷

顔料インクを対象物に非接触でダイレクトに印刷する技法です。

非接触で印字できるため、印刷可能な対象物が多いのが特徴です。

シルク印刷の代替となる技術で、印刷用の版が不要なことから初期費用を抑えることができ、少量生産にコストメリットがあります。

用途:警告ラベル/社名シール 等

Mechanical engraving 機械彫刻

彫刻機を使用し、金属やアクリル素材に彫刻を施す技法です。

機械彫刻では深く掘り込みができ、文字と素材に凹凸ができるため、
彫刻機に色を入れることができます。

対象物完成品に後から彫ることもできます。

用途:スイッチ銘板/タグ銘板 等

Cutting カッティングシート

色がついたカッティング用材料を用い、
カッティングプロッタと呼ばれる自動カッターにて文字の形やロゴマークの形に切り抜く技法です。

製品に直接、会社名や製品名を表示したい場合に使用します。

用途:社名ロゴシール/製品名シール/ナンバーシール等

<< back